こんにちは、しょうです!

タイトルにも書いてありますが、おらは現在28歳です。
あ、大好きな「クレヨンしんちゃん」の影響で自分のことを“おら”と呼んでいますが気にしないでくださいw

そんなおらは28歳になって、ようやく自分のやりたいことを見つけることができました。
この年齢を早いか遅いかどちらに感じるかは、人それぞれだと思います。

個人的には年齢のことはほとんど気にしていませんw
むしろやりたいことがみつかったことの喜びの方が上回っています。

これまで28年間生きてきて「これをやりたい!」ということが本当に見つかりませんでした。
夢や目標に向かって突き進んでいる人を見て「どうしてそこまで頑張れるんだろう?」と不思議に思っていたくらいです。

そんなおらでも、やりたいことが見つけることができたので、あなたにも見つかるはずですよ~

どのようにしておらがやりたいことを見つけたのか、その方法をシェアしていきたいと思います。
いいきっかけになると思うので、最後までお付き合いよろしくお願いします。

スポンサーリンク

夢や目標が見つからないあなたへ

まず始めに、「夢」「目標」という言葉は「やりたいこと」と置き換えてください
夢や目標という言葉を聞くと、何か大きいことを設定しなければいけないと錯覚してしまいます。

おらは錯覚しまくっていましたよw
昔から大きな目標を立てて、目標が大きすぎて挫折することは多々ありましたww

小さいころから「夢は大きく」「目標は高く」とよく聞いていたので、無意識のうちに「大きいことを設定しないといけない」と錯覚してしまうのかもしれません。
大きい夢や高い目標は悪いわけではありませんが、それは本当にやりたいことが見つかったら自然と内側から湧いてくるので大丈夫です。

◆「夢、目標」 ⇒ 「やりたいこと」に変換する

やりたいことを見つけるのに大切なこと

「やりたいこと何かないかなぁ~」
「そのうちやりたいこと見つかるだろっ」
「運命的な出来事がそのうち…」

こう思っているうちは、やりたいことは全く見つかりませんw
高校を卒業してから9年間と数ヵ月をかけて実証済みですww

今思い返せば、見つからない理由が良く分かります。
上の思考って、完全に他人任せなんですよね~

自分と向き合っていないのが良く分かります。

あなたがもし同じ考えをしていたら、その考えはすぐにやめてください。
きっと何十年かかっても見つからない可能性が高いのでwww


そもそも「やりたいこと=やりたい仕事」ですよね?

やりたい仕事を見つけるにあたり、あるジャンルの本を何冊か読みました。
自分がやりたいことを仕事にして経済的にも豊かで、時間にしばられない暮らしをしている人たちの本です。

いわゆる成功者や大富豪と呼ばれる人たち。
やりたい仕事をして豊かに暮らしている人たちは、共通して同じことを言っていました。

「自分の好きなことを仕事にしなさい」

今までおらには、自分の好きなことを仕事にするという発想がありませんでした。
そもそも好きなことが分からなかったということもありますがw

ただ、自分の好きなことが分かってからはこの文章に納得できました。

やりたくない仕事を嫌々やるのと、好きな仕事を楽しんでやるのではどちらがいいか…
圧倒的に後者ですよね~

前者でも良いという人は、たぶんこの記事を読んでいないでしょうねw


スポンサーリンク

やりたいことが見つからない私が28歳でやりたいことを見つけた方法

それでは、おらがやりたいことを見つけた方法をお伝えしていきます。
ステップとしては3つ。

・自分の好きなことを見つける
・その中からワクワクすることを選ぶ
・選んだものを深掘りしていく

こんな感じのステップでやりたいことが見つかりました。
超簡単にまとめてしまいましたがw

ひとつずつ細かく解説していきます。
おらが実際にどのように見つけていったのかも書いていきますね~

あなたも一緒にやりたいことを見つけていきましょう!

自分の「好き」なことを見つける

まずは、自分の「好き」なことを見つけていきましょう。
あなたの好きなことは何ですか?

あ、後で見返せるように紙にメモを取ると良いですよ~

ちなみにおらは「そんなに好きなこと無いんだけどなぁ」と思っていたんですが、よ~く考えてみたら意外とありましたw

好きなことの中には自分でも忘れていたり、気づいていなこともあったりします。
そういうときには、自分の部屋やスペースを見渡してみましょう。

部屋に多く置いてあるものや何か集めているものはありませんか?
おらは部屋を見渡して、マンガ以外にも本があることに気付きました。

そこから「マンガ以外の本を読むことも好きだなぁ」と気が付きました。
好きだからこそ多く集めていると思うので、そういったものも書き出してみると良いですよ~

おらが好きなことは…

・人の話を聞くこと
・マンガを読むこと
・本を読むこと
・自分の想いをSNSで発信すること
・アニメ映画を観ること
・寝ること
・ちょっかいを出すことw
・美人な女性をみることww
・イチャイチャすることwww

こんな具合です。
単純に思い当たる好きなことを書きだしてみましたw

人によっては本当にたくさん出てくることもあれば、全然出てこないこともあると思います。
全然出てこない人は深く考えすぎないで、とりあえず思い当たる好きなことを書いてみてください。

このときに勘違いしないでほしいのが、「得意なこと」を好きと勘違いしないこと
これは好きと全然違いますからね!

例えば“水泳が得意だから好き”というのは、本当の好きなのか分かりません。
「泳ぐのが得意=好き」という風に勘違いしている可能性があります。

泳ぎが苦手だとしても好きといえるなら、それは好きなことになります。
もしも泳ぎが得意でなかったら好きになれないということなら、それは本当に好きというわけではありません。

この辺りの区別が少し難しいかもしれませんが、勘違いしないように「好き」を書き出してみてください。

「ワクワクする」ことを選ぶ

書き出した「好き」の中から、「ワクワクする」ことを選んでいきます。
ワクワクすることというのは、言葉通りワクワクすることw

ただ単に好きなだけのものは選ばないでくださいね。
それをしているときにワクワクを感じるものを選びましょう。

胸が高鳴ったり、夢中になれるような感じでしょうか。

おらの場合は

・人の話を聞くこと
・本を読むこと
・アニメ映画を観ること

この辺りが「好き」に加えて「ワクワクする」ことになりました。
他のことは、好きなだけですねw

最後に書いた3つはワクワクと言うよりは~…
ここでは発言を控えておきますww

選んだものを深掘りしていく

ここからが大切なところですよ~!
「好き」で「ワクワクする」ことが、どうしてそう感じるのかを考えていきます。

・昔からこんなことが好きで~
・こんな出来事があって~
・こういうところが好きで~

などなど、なぜ「好き」なのかを改めて考えて深掘りしていきます。
ちょっとした人生の振り返りにもなるので、自分が小さいころの記憶など思い出してみてください。

おらはこんな感じ。

<人の話を聞くこと>
おらは昔から割と人の話を聞くのが好きで、先生の話などは夢中になって聞いていました。
授業以外のためになる話限定ですがw

自分が話すのも好きですが、相手の話を聞く方が好きですね。
人の話を聞くのって、自分では考えていないことが多いからおもしろいんですよ~

「この人はこんなことも知っているんだ」「それは知らなかった」と思うことだらけなので。
本当に人の話を聞いているのって、ワクワクして楽しいんですよね♪


<本を読むこと>
マンガを含めて、子供のころから本を読むことは好きでした。
高校生くらいまではマンガが多かったですけど…w

高校卒業以降はマンガ以外にも、社会で役立ちそうな本を読むことが増えました。
本を通して知らないことを知ることで「めっちゃいい本読んだ~」って自己満足していましたねw

小説や物語を読むよりも、心や人間関係の本をよく読んでいました。
ちなみに、高校卒業から27歳までに買っていた心や人間関係についての本がこちら。

タイトルはこんな感じ。

・絶対に嫌われないことわり方
・人は「話し方」で9割変わる
・「心に余裕がある人」になる自分の磨き方
・「めんどくさい」がなくなる本
・現代ヤクザに学ぶ最強交渉・処世術
・フシギなくらい見えてくる!本当に分かる心理学
・心を整える。
・夢をかなえる。
・上昇思考
・打たれ強い自分を作る方法
・イザというときに100%の実力を発揮する法
・今すぐ使えるメンタルトレーニング
・スラムダンク勝利学
・人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉
・20代にしておきたい17のこと

メンタルを鍛えたかったのが、ひしひしと伝わってきますねw
人間関係にも疲れていたのも伝わってきますww


<アニメ映画を観ること>
小さいころからアニメは好きで、ドラえもんやクレヨンしんちゃんをはじめ、ムーミン、トーマス、忍たま乱太郎などを観ていた記憶があります。
小中学生になると名探偵コナン、犬夜叉、ルパン三世などを観ていました。

ここ1年くらいは映画「君の名は。」を観ていこう、アニメーション映画にはまってパソコンで観まくっていますw
たぶん「アニメ映画 オススメ」で検索したときの作品は、9割以上を観たと思いますwww

完全なる現実逃避していた時期に観まくりましたw

アニメーション映画はドラマとは違って、先入観なしに物語を楽しめるのがおらには合っています。
俳優さんが演じているのをみると、どうしても役柄としてみれなくて…

昔からアニメが好きなこともあって、アニメならではの色の感じや描写なんかもかなり好きですね。
アニメーション映画は作品によって強いメッセージ性が詰まっているものが多いので、観終わったあとの心の状態も好きなんですよ~

言葉で上手く伝えられませんが…
心がスーッとして、尚且つ元気ややる気が出るといいますか~

気持ちが良い状態になる感じです。
っていいながら、アニメーション映画ばかりみて現実逃避していたんですけどwww

好きなことを仕事と結びつける

3つのステップが終わりましたが、あなたはどのようなことが好きでしたか?
おらは人の話を聞くことが好きなこと、メンタルや人間関係について学ぶことが好きで興味があることに気付きました。

ただ、今までその気持ちに気付くことができませんでした。

今までは好きなことを仕事にするという考えが全くなかったので、自分の中にあった「好き」という気持ちに気が付くことができなかったんだと思います。
いつからか「仕事=求人から探すもの」という思い込みが頭にありました。

どうせ働くなら~


・給料が良いところ
・休みが多いところ
・できるだけ楽な仕事

こんなことを考えて仕事を探していましたねw
好きなことを仕事にするという考えが全くないのが分かるかと思います。

少しでも同じような考えで職を探していたら、その考えはやめてください
絶対にその仕事は続きませんから!

経験者が語るから間違いありませんww


さてさて、好きなことが見つかったので、それを仕事に結び付けていきましょう。
おらの場合は

・人の話を聞くのが好きなこと
・メンタルや人間関係について学ぶこと

これが当てはまる仕事を探しました。
探すときに参考にしたのが、過去の経験やできごと

おらの例を出すので、あなたも過去の経験で印象的な経験やできごと、心に残っていることはないか思い出してみてください。

おらは仕事や家のストレスなどから、精神的に参ってしまい会社を退職した経験があります。
そのときに元気をくれて人生を考え直すきっかけをくれたあるグループの存在が、やりたいことを見つけるカギを握っていました。

そのグループでは、おらよりも全然若く10代のうちから夢をかなえて活動するメンバーもいました。
しかし、中には体調を崩してしまうメンバーも…

全てが精神的な問題ではないと思いますが、心無いファンからの言葉で精神的に参ってしまうことがあるようでした。
夢をかなえた人がこういう形で追い込まれてしまうことに疑問を感じました。

そのグループに限らず、社会人1年目から精神的に追い込まれて鬱になってしまったりするのもどうなのかなと。
おらはギリギリそこまでいっていませんが、毎日辛かったです。

近くに話を聞いてくれて何かアドバイスしてくれる人がいたら、違った毎日になっていたのかなと思うこともあります。
自分の経験からも、必死で頑張っている人達に寄り添える仕事をしたいなと思いました。

そして、結びついた仕事が心理カウンセラーでした。
自分の好きなことにもバッチリ当てはまります。

好きなことを見つけることができたから、過去の経験を思い出して仕事に結びつけることができました。
これが過去の経験を思い出すだけでは、絶対に心理カウンセラーという答えは出てこなかったこと思います。

何も職業とは結びつかずに、過去の辛かった思い出を掘り返すだけだったかも…w

好きなことが違っていたら、同じ経験をしていても結びつく職業は違っていたと思います。
人の話を聞くのが苦手でメンタルや人間関係のことに興味がなかったら、心理カウンセラーというワードは絶対に出てきませんからねww

今は何でも仕事にすることができる時代なので、きっと「これだ!」と思える仕事が見つかると思いますよ~

最後に

だいぶ長くなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?
おらの方法が、少しでも参考になったら幸いです。

仕事は“好きで楽しいこと”をしていいんですからね~♪
それだけは忘れないでください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク